2014年07月28日

au one net(旧DION)「ADSL ONE」サービスの終了

ADSLサービスが終了するので、auの「Wi-Fi WALKER」に乗り換えたが、インターネットにつながらないというお客様。電話の時点では「ADSLが終了?まさか・・・。また悪質な代理店が嘘の情報で強引な勧誘をしているのか」と思ったのですが、実際にお伺いしてみてみると、なんとまあ本当でした。

サービスを終了するのは、auが提供している「ADSL ONE」というサービスでした。「お客様がお住いの地域で利用者が減少しているから」というのが理由で、全国一律で終了というわけではないようです。従ってau one netのホームページにもこの件に関しては記載がないようです。もともと「ADSL ONE」の加入者は少なかったと思いますが、他事業者含めて「ADSLサービス終了」と聞いたのは初めてなのびっくりでした。なお、NTTやYahooBB、旧イー・アクセス系のADSLも、加入者数は減少していますが、まだ一定数の加入者はあるため、サービス終了はかなり先のことと思います。

で、auが同封のパンフレットで乗り換え先として勧めてきたのがモバイルサービス(WiMAX)の「Wi-Fi WALKER」でした。お客様は戸建てにお住まいで「auひかり」も使える地域ですが、「Wi-Fi WALKER」をなぜか勧めています。この辺は何かauの事情があるのでしょう。

ネット接続できないのは、一つ前の記事で書いた「vistaの無線LANドライバの不具合」が原因でした。「Wi-Fi WALKER」のルータはファーウェイ社の「HWD14」。SSIDと暗号化キーが記載のシールが添付されているのですが、そこに落とし穴がありました。
シールには2つのSSIDの記載があり、SSID1はWPA、SSID2はWEPとなっています。今回はSSID1にはパソコン側の不具合で接続できないので、SSID2に接続すればいいのですが、パソコンからはSSID2が見えません。SSID2はステルス(隠蔽)になっているのかと思いましたが、そうでもない様子。それで「HWD14」のWEB上の詳細マニュアルを見ると、なんと初期状態では、SSID2は無効になっているとのこと。それならシールや添付されている「はじめてガイド」にその旨の記載があるべきです・・・。
(あとで「はじめてガイド」をよく読むと、ニンテンドーDS設定の項目に、「SSID2を使用するには設定ツールによる設定が必要です」とだけ記載がありました(苦笑)。なおSSID2を有効にするとWi-Fiスポット機能は使えなくなるとのこと)

SSID2を有効にするにはルータ単体では不可能で、パソコンからルータの設定画面を開かなければならないとのこと。そうなるとパソコン初心者の方にはちょっと難しくなるでしょう。で、いったんパソコンと「HWD14」を添付のUSBケーブルで接続。ドライバが自動でインストールされるのでしばらく待ちます。そしてブラウザを立ち上げ設定画面を開きSSID2を有効にしました。これでパソコンからSSID2が見え、無事にインターネットに接続することができました。

あとこの乗換はau one net内でのプラン変更かと思ったのですが、お客様にau(KDDI)に確認してもらうと、どうもそうではない様子です。ADSLの時に使用していたメールアドレスを継続して使う場合は「ADSL」から「ミニミニコース」への変更が必要とのこと。このあたりも乗り換え案内パンフレットには記載がなくちょっと不親切ですね(もし見落としでしたら申し訳ありません)。

インプレス ケータイwatch HWD14レビュー記事
posted by admin at 20:42| Comment(0) | インターネット

2014年07月25日

WindowsVistaのパソコンがWiFi(無線LAN)でインターネットにつながらない

WindowsVistaの無線LAN内蔵パソコンで、無線親機の暗号化(セキュリティ)設定が、WPA-PSKのSSIDに正常に接続できず、ネットつながらないという症状。vistaが発売されてもう7年以上たつが、なぜか今頃になって3回ほど同じ症状に出会った。

原因はどうも無線LANドライバの不具合らしい。
無線LAN機器大手のバッファローのFAQにもその旨の記載がある。
なお、この症状はバッファロー以外の無線LAN親機でも発生する。

バッファロー
「Windows Vistaを搭載したパソコンから無線親機への無線接続に失敗する」

解決方法は2つ。
1.メーカより無線LANドライバのアップデートが提供されていればそれを適用する

2.無線親機の暗号化をWEPに変更する
(近年は、セキュリティ上WEPは推奨されないが)
最近の無線LAN親機であればマルチSSIDになっていて、最初からWEPのSSIDが設定されている機種も多いので、その場合はそちらに接続すればよく、暗号化をWEPに変更するまでもない。

私が診断した一例は
パソコン:NEC一体型デスクトップ「PC-VN500LG」
内蔵無線子機:atheros(アセロス)「AR5006EXS」
無線LAN親機:バッファロー「WZR-450HP」
vistaのネットワークと共有センターでは「ローカルのみ」と表示されている。正常であれば「ローカルとインターネット」と表示されなければならない。NECからはドライバのアップデータが提供されていなかったので富士通が提供しているもので代用したところ、問題なくWPA-PSKのSSIDに接続でき、インターネットにつながるようになった。
posted by admin at 20:54| Comment(0) | トラブル

2014年07月21日

ワイヤレスマウスのトラブル

この数年、国産ブランドの個人向けパソコンに添付されるマウスはワイヤレスマウスがほとんどになりました。デスクトップ型では一体型が主流になった頃からキーボードもマウスもワイヤレスというモデルが多いです。
しかし、ワイヤレスはワイヤード(有線)に比べると、急に反応がなくなる(動かなくなる)といったトラブルが多いのも事実です。Winodws8のパソコンでは、昨年はNECのマウス、今年は東芝のbluetoothマウスが突然動かなくなるといったトラブルが多かったです。
NECの場合、Windows8発売直後のモデルでは「RF INPUT DEVICE」がオフになっているという症状でした。
「RF INPUT DEVICE」ではなんだかわからないので「ワイヤレスマウス」という表記に改められたようですが・・・。東芝の場合はマウスの省電力設定に原因があったようです。

NEC
Windows 8でワイヤレスマウスを有効/無効に設定する方法

東芝
ノートPCに付属のBluetoothマウスを常時使用する方法


私、個人的にはワイヤードの方が確実ですし電池も不要なのでいいと思うのですが、メーカの考え方は違うようです(苦笑)。
キーボードだけでもパソコン操作はできるのですが、マウスが動かなくなると初心者の方は操作ができなくなり、強制終了するしか方法がなくなる場合があります。
高いものではありませんので、USBマウスを準備しておくと、いざというときに役立つでしょう。
posted by admin at 18:55| Comment(0) | トラブル